困った時に即日融資も可能なメガバンク大手銀行のカードローンとは

カードローン即日発行

緊急事態に対応できるスピード融資

申込みからお客様の口座に入金されるまで、もしくは借り入れができるまでに掛かる時間はどれくらい?

即日発行


カードローン借りやすい

審査や条件、金利の面で有利なのはどこ?

銀行によって審査の仕方や基準も異なります。借りやすい会社はどこなのか?

借りやすい



カードローン バンクイック

三菱東京UFJ銀行のバンクイック

低金利とスピード対応が人気の俳優阿部寛さんが登場するCMも話題の三菱東京UFJ銀行バンクイック。

バンクイック


スルガカードローン

ゆうちょが提携するスルガ銀行

世間的にはメガバンクと比較すると知名度は低いですがゆうちょ銀行にも様々なお得なサービスやプランがあります。

スルガ


ろうきんカードローン

労働金庫ろうきん

福祉金融機関であるろうきんのユーザーは一千万以上。ここでは様々なプランを準備しています。

ろうきん


現在カードローンとは銀行と消費者金融の意味が近くなっています

銀行系が安心度や低金利でどの層にも一貫して人気です

一般的にはカードローンというと銀行系の事を指すことが多いようです。 しかし、近年の日本ではメガバンクと呼ばれる大手と業務提携している消費者金融が多くなります。 WEB媒体やテレビや雑誌などで目にする機会も非常に多くなっていますので実際にはあまり区別がつかないような状態とも言えます。 担保、保証人が不要で、使用用途も自由であるプランを、これが現状ではほとんどの機関で指すことが多いのです。 従ってそれ以外の住宅、車、教育資金などの目的がはっきりしているものがあります。 銀行と契約する定期的なローンとなり意味合いが異なってきます。 これらは基本的には、長期間のプランで金利が低く審査もある程度時間が掛かるスケジューリングのプランになります。 しかし、こういった現状ではカードローンは提携している銀行によっては365日24時間いつでも即日振込可能だったり、これは審査も当日に完了したりスピーディーな手続きが売りになっています。

総量規制対象外の銀行のカードローンとは

融資を受けるには審査が当然あります

担保や保証人が不要で借り入れができる銀行系カードローンには当然審査があります。 基本的には安定した収入がなければ借り入れをすることは当然のことながら難しいです。 ですから、本院確認のための身分証明書(運転免許証や健康保険証、パスポート)以外にも収入が判る書類を提出しなくてはいけません。 源泉徴収票や住民税の決定通知書、納税証明書が必要になります。 これらを準備したうえで他社での借り入れ件数や、または額などの確認が個人信用情報機関にて行われます。 これは銀行のカードローンとは消費者金融とは異なります。 そして総量規制の対象外となっている商品をこの場合では指します。 一般的には消費者金融では、これは年収の三分の一までしか総額で借り入れをすることはできませんから、それを考えると申し込み時点でそれを超えてしまっていたり限度額に近い場合は厳しい結果となってしまいます。 これは法律上では銀行ではそれはありません。 しかし傾向的には他社からの借入額が大きいほど審査には通りにくい傾向のパターンにあるようです。 また勤務先の職場に在籍確認を行う所がリサーチするとほとんどです。 最近では、楽天銀行のカードローンが利用限度額が100万円以下の場合収入証明書が不要というプランを出しました。 報告のレポートのグラフやデータから細部を見てもこのプランは借り入れできる限度額は他社と比較すると低い設定になっています。
法人ETCカード 作り方

カードローンの審査に高い確率で通る方法とは

インターネットでの口コミはあまり充てになりません

メガバンクと呼ばれる大手銀行のカードローンは基本的には他社で借り入れがある方に対しての審査は厳しいと考えましょう。 既に消費者金融で借り入れがあったりする場合はなかなか審査に通らないことがあります。 また派遣社員やアルバイト、パートなど職業によっては限度額が低く設定されてしまう事があります。 それでも返済期日と額をしっかり守って入金を繰り返していく事が大切です。 さらに信用をアップさせていく事で増額も不可能ではありませんし、これは最初は低い設定をするのに越したことはありません。 なぜなら特に目的もなく必要なければ最初から増額をしなければいいのです。 基本的にはいくら金利が低いとはいえ、結局は借金であるという状況は変わりはありません。 それに伴ってしないことに越したことはないのです。 このようにカードローンや消費者金融は一度利用をしてしまうと癖がついてしまうとも言われています。 端的に言えばそれまでお金を借りることに対して少しでも抵抗があった気持ちが薄れてしまうといけません。 このように必要以上に融資を受けてしまうリスクが出てきますので注意しましょう。

銀行系カードローンは返済には厳しい事も忘れてはいけません

これから大きなローンを組みたい方は注意しましょう

確かにこの不景気な世の中で銀行のカードローンや消費者金融は非常に便利なサービスですが、お金を借りているという事を忘れてはいけません。 実際に借金返済ができなくなってしまう人や自己破産や債務整理をしなくてはいけない状況になってしまった方のほとんどが最初は小さな額の融資を受けたことです。 いくら金利が低くても返すことができなけばどんどん借金は膨れがってしまう事を忘れてはいけません。 銀行系のカードローンは返済日の遅れや入金の忘れ等に非常に厳しい傾向があり、一日でも過ぎてしまうと利用停止になってしまうことがあります。 延滞時の金利が高くそれによって利益を上げている消費者金融よりもスピーディーです。 今後、住宅、マイカー、教育資金やバリアフリーのリフォームなどの大きな額の借り入れをしようと考えている方は注意しなくてはいけません。 やはり審査に影響があるからです。 特に遅延や延滞などは大きなマイナスポイントとなってしまうことがあります。 それは銀行のカードローンでも消費者金融でもクレジットカードでのショッピングやデパートなどでのお買い物でも変わりはありません。 特に金融事故として扱われてしまって個人信用情報機関に登録してしまうと、本当に借りたいときに融資を受けることができなくなってしまう事があります。


消費者金融系カードローン

無利息期間のキャンペーンも

30日や60日間などのお得な無利息期間キャンペーンを設けている消費者金融もあります

消費者金融系

このページの先頭へ