大手銀行主催のカードローン、バンクイックの魅力

やはり最優先したいのは銀行系カードローンというお客様が多いようです

銀行系カードローンのバンクイックの魅力とは、何よりも安心性と総量規制の対象外であるということではないでしょうか。 多くのユーザーから注目されている銀行系カードローンが、三菱東京UFJ銀行のバンクイックです。 利率は年4.6~14.6%と低金利であります。 主婦やアルバイトの学生などにも融資ができるなど審査に通り安い柔軟性があります。 銀行のカードローンを希望する方は、融資額が大きいことに目を付けられるのではないでしょうか。 バンクイックは最大融資額500万円まで可能でありますので、面倒な銀行の口座を作る必要がない、などのメリットがあります。 どこでも24時間365日受付可能なWEB申込みは当然のような時代であります。 しかし多くのユーザーが求めることは「スピーディーな審査」「即日借入れ可能」などの点とここではなるでしょう。 これは、当然のことながらWEBで仮審査後に迅速にEメールまたは電話で連絡がバンクイックでは現状ではあります。 また、三菱東京UFJの店頭設置のテレビ窓口では、本人確認書類をお持ちなら早いです。 これは、実際にその場でオペレーターと通話しながら申込み→審査→発行まですべて可能です。 ここまでの手続きが最短40分で出来るということです。 これらの最大の魅力は大手銀行が主催するカードローンである安心性がある上にです。 このようにバンクイックでは消費者金融では名高いアコムが、このように保証会社となっているためです。 こうした審査も迅速に行える利便性がすべて備わっています。

三菱東京UFJ銀行バンクイックの口コミ

基本的には結果は申し込んで身な事にはわかりません

多くの利点が整っているように思えるバンクイックですが、ユーザーの方々が一番気になる「審査」に通り安いかどうか、について口コミを調べてみました。 カードローンには、みなさんご存知のようにWEB上で申し込める仮審査があります。 仮審査の可否については、メールまたは電話で連絡があり、おおよその限度額が可決されるようです。 平日9時~21時、土日祝日の9時~17時の営業時間では、30分から1時間以内で仮審査の可否が解るようです。 ポイントとしてバンクイックの契約の可否のスピーディーさについて真実のようですね。 本審査では、本人確認書類と他社借入れについての、何かしらの虚偽がないかどうか、などの確認をここでは行うわけです。 これが運よく例え通った場合にも、仮で可決された融資額より減額されるなどのケースも多いようです。 また、仮で通っても本番で落ちる、、、というのが、やはり多くのユーザーの気になるご意見です。 お急ぎの方は、テレビ窓口に駆け込む方も多いようです。 長時間待たされた挙句、通らなかった、、、という残念な結果に終わるケースが多いとか。 バンクイックの保証・審査はアコムに委託している訳ですが、三菱UFJ銀行のカードローンは「モビット」の商品もあります。 このように時間が掛かるのは、モビットでの返済状況を確認したりします。 アコムでの遅延状況などを念入りにバンクイックが確認しているからでしょう。 三菱銀行UFJは非常に信頼度がありますが、元々審査に厳重とも言えるようです。 こういった迅速性はあくまでも仮の段階であり、その後では他社借入れ状況を念入りにチェックされるがゆえの待ち時間とも言えるでしょう。 その結果、本審査では残念な結果に終わるケースが頻繁にあり、契約できないで終わることも多いようです。 このような評価の口コミを見ると、急にお金が必要になった時です。 現状ではバンクイックでは本審査が厳重なようです。 即日融資の期待は薄いと思われます。 メガバンク大手銀行のカードローンに関しては、低金利や最大融資額、または迅速な対応などでユーザーを惹きつけて新規顧客を獲得することを将来的にも目的としているようですね。


このページの先頭へ