信頼度と利便性を併せ持つ消費者金融系

即日入金も可能なスピード対応で安心

銀行系のカードローンは審査が厳しいことで融資を受けることが困難です。 では、銀行系の他にどのような系統があるでしょうか。 これの代表的なものに消費者金融系カードローンが挙げられます。 銀行系の信頼度とスピーディーな審査の早さやインターネットでの申込みが可能です。 などの利便性を併せ持つのが消費者金融系カードローンの魅力と言えるでしょう。 貸金業法の改正に伴い、総量規制が導入されます。 年収の3分の1までしか貸付業者から総額で借入れが出来ないことはすでにご存知の方も多いでしょう。 このような総量規制の影響を受けたのはユーザーだけではないのです。 消費者金融にも経営不振などの影を落としました。 そこで銀行と提携することにより新展開したサービスが消費者金融系カードローンです。 やはり銀行がバックボーンとなっているため、このような資本は最大で信頼度も強いですね。 過去のデータでもキャッシングをする普通のユーザーにとってはどうなるでしょうか。 やはり、このような有名な大手銀行がバックに存在しているというだけです。 これは結局はその不安も状況によっては軽減されるのではないでしょうか。

ユーザーにとって消費者金融系の一番の魅力とは

やはり時間と手際が一番の鍵となります

消費者金融カードローンにはいくつかの魅力があります。 まず、銀行系であることで最大300~500万円などに融資枠が増額されている上に金利が低いことが挙げられます。 金利については、銀行系であるには高金利であります。 それは消費者金融系側の視点から見ると低金利と言う二手に分かれます。 各カードローン会社によって金利も異なります。 大きな金額の融資を受ける際、僅かな金利の違いでも相当な金額差が生じることになります。 また、消費者金融カードローンの大きな特徴に、審査のスピーディーさがポイントとして挙げられます。 通常、30分程で審査可否が解り、初めて申込みをした日にカード発行→融資を受けることが可能です。 これはインターネットの公式サイトからは24時間対応しており、自動審査が受けられます。 審査可否についてはメールか電話にて連絡がありますので、返済方法も多様です。 ATMや口座引き落としなどの他にコンビニ払いでは24時間返済可能です。 営業時間を気にせずいつでも返済できる選択肢が用意されていることも大きな魅力です。 そして、結局はまた、このように利息が日割計算で融資を受けたその日から返済可能という消費者金融系カードローンもあります。 これらはすぐに返済できる宛てがある方にとっては金利が安く済みます。

大口借入れ希望者には消費者金融系カードローンは不向き?

金利の面で返済日と入金を忘れないように注意しましょう
さて、消費者金融系カードローンの魅力ばかりご紹介しましたが、デメリットもまた生じます。 まず、銀行系や信販系に比べると金利が高めということです。 審査や借入れがスピーディーという魅力の裏には、銀行系がバックボーンとなっているため審査に厳しいという声も多いようですね。 いくら融資額が大口に設定されているとは言え、総量規制対象ですので年収が少ない方、他社で借入れを受けている方には制限があります。 消費者金融系カードローンの融資限度は大きく設定されています。 はじめは少ない額から返済状況などの信用を得てから徐々に融資枠が増えて行くということになります。 小額の借入れが急に必要になった方にとっては、従来の中小の消費者金融業者に比べ、金利も安く、銀行系がバックであるため安心性があり、スピーディーに対応してくれるなどのメリットがありますが、大口の融資を希望する方にとっては希望借入れ額の審査に通らないケースが多いようです。 このようなメリットの点を考えると、消費者金融系カードローンとは、これは大口の借入れを希望する方にはお勧めできない、これは向かない商品であるということが伺えます。


このページの先頭へ