緊急にお金が必要となった時にカードローンの即日発行

即日発行を上手に活用する方法

カードローンの利用者は全国でおよそ1500万人以上いると言われています。 年収別では、最も多いのが400~500万円、次いで200~300万円というデータがあります。 200万未満の方が利用者の最下位となっていますが、これは審査に通りにくい背景があるからでしょう。 長引く不況の日本では、生活資金に困るユーザーが増加しています。 多くの利用者の希望とは、審査がスピーディーで即日発行の商品なのではないでしょうか。 どうしても今日中にお金が必要、、、そんな時に思い浮かぶのが便利なコンビニエンスストアやキャッシュディスペンサーでお金を借りる事ができるシステムですね。 しかし、即日発行してもらうには、次の条件が重要となります。
・総量規制をクリアしている
・必要書類が揃っている
・信用できるカード会社を選ぶ

総量規制とは、借入れの総額が年収の3分の1までと定められている貸金業法の法律です。 ここでは新たな借入れを申し込む際に、審査の段階で他社での借入れ額が必要となります。 今ではインターネットで仮審査が可能ですが、他社借入れ額をしっかりと把握していること、虚偽の無い借入れ額を申請することが重要です。 急にお金が必要となった際、即日発行のカードローンはいくつも存在しています。 しかし、どのような金融会社でも必ず発行前に、まず審査を受けなければなりません。 これは結局は、「審査に通るかどうか」が結果的には最もポイントとして重要なのです。 このように他社借入れがある場合でもです。 誰もが通る王道であるような住宅や車のローン、医療、教育関係、低金利への借り換え、おまとめプランなどは総量規制の対象外となります。 そして、この結果を比較するために数字で並べて見ても良いでしょう。 新規の契約で即日発行を希望の際には、このような総量規制についての正しい知識が必要です。 このように他社借入れ額をしっかりと現段階で把握しておく必要があります。

即日発行が可能なカードローンを利用してピンチを回避する

銀行系カードローンとすぐ融資ができる消費者金融は金利が異なる

カードローンを即日発行する条件として、審査における確認書類の準備は簡単です。 大手の金融会社に限られますが、基本的に下記のものが必要となります。
・免許証、健康保険証、パスポートなど本人確認ができるもの。
・給与明細書や源泉徴収票など所得証明ができるもの。

所得証明には源泉徴収票がベストですが、給与証明書でも可能な金融会社も存在します。 このような条件を満たしていることが前提である場合です。 ここでは即日発行の大手のカードローンの商品をご紹介しましょう。
・三菱東京UFJ銀行系 モビット
自宅に居ながら24時間WEB申込み→最短10秒審査→借入れまでが可能な「WEB完結申込」があります。 WEBで指定先の銀行口座へ入金後、自分の銀行のキャッシュカードで引出しができます。
・三井住友グループ プロミス
24時間WEB申込み→最短1秒審査→即日発行も可能です。 また、これは自動契約、店頭窓口での申込みの際は、その場でカード発行から借入れが可能です。 どちらも銀行系のカードローン商品であるため信頼度も高く、これは低金利であることが魅力です。 24時間WEB申込みが可能なため、郵送での手続き時間を短縮することができるため即日発行がここでできます。 このように、急にお金が必要となった際、即日発行の商品は増えています。 いずれも大手の有名な業者ならではのWEB申込み、また審査→振込みまでが可能などの利便性が備わっています。 メディアでもあるように各カード会社が審査時間を競い合っています。 結局は実際のところ審査に要するチェックや確認の基準があるため、1秒単位での審査時間は誇大表現とも言えるのではないでしょうか。


このページの先頭へ